釉の想い

その形を魅せる。その形に生気を宿らす。土と熱との間で釉薬は、美しい艷や趣を醸し出すために働く。
形ある物の美のひとつは、伝統と革新の調和にある。ならば住まいはどうであろう。
豊かな自然と都市の間で、心地よく暮らせる環境との調和。
それを「ディアエスタ ミオ 西岡本」という器の中に見ることができる。

低層住宅の良好な住環境を守る
第一種低層住居専用地域。

「ディアエスタ ミオ 西岡本」誕生の舞台は、13種類の用途地域の中で最も厳しい規制がかけられている「第一種低層住居専用地域」。
低層住宅の良好な住環境を守るための地域に定められています。

たおやかな六甲の峰々。緑が薫る街路、手入れされた生け垣。
ここには、美しく暮らそうとする人々の心が、歳月を経てつながり、生まれた街並み景観があります。
「ディアエスタ ミオ 西岡本」は、静穏な西岡本五丁目に、1980年以来、38年ぶり※1の登場となる注目の集合邸宅です。
しかも、駅前等では得にくい、良好な住環境が守られた第一種低層住居専用地域で、隣接する公園の緑景に呼応する佇まい。
伸びやかに暮らせる、開放感の高いロケーション。
歴史に裏付けられた住宅地としての真価を、更に住まいに昇華させてここにお届けします。

外観完成予想CG

立地・環境等から希少性を語る。

1995年以降、神戸市内供給マンション数は1371棟。
その中でも、第一種低層住居専用地域内で「文教地区」に誕生する敷地面積2,500㎡以上の物件は、
「ディアエスタ ミオ 西岡本」を含めてわずか9棟です。しかも、本物件は西岡本アドレスでは、38年ぶりの登場。
静穏かつアカデミックな気風に恵まれた、立地・環境等からも希少性を備えた集合邸宅です。

神戸市指定「文教地区」内。
安定した住環境に恵まれて。

  • 「ディアエスタ ミオ 西岡本」は、都市計画法で定められた特別用途地域の「文教地区」内に位置。神戸市で文教地区の指定を受けているのは、本物件のある「東灘区岡本地区」を含めて計3ヶ所のみ。当地区では、建築に際して厳しいルールが定められており、将来にわたって安定した住環境が引き継がれます。※都市計画が変更されない場合に限ります。

歴史に培われた秀逸の住環境。
流れくる爽風に美と質が香る佇まい。

※掲載の写真はいずれも現地周辺にて撮影(2017年10月撮影)

※掲載のビジュアルは、現地周辺写真(2018年1月撮影)に外観完成予想CGを合成したもので、実際とは異なります。
外観完成予想CGは図面を基に描き起こしたもので、官公庁の指導または施工上の都合により外構・形状・仕様・色彩・植栽等に変更が生じる場合があります。
※1 東灘区西岡本五丁目において分譲マンションの供給は1980年以来となります。(2018年2月・MRC調べ)
※高低差概念イラストは、国土地理院の現在の標高データを基に周辺の高低差を概念化したもので、地形・建物の大きさ・距離感・眺望や規模感等は実際とは異なります。